過払いチェッカーで事前チェック

消費者金融やクレジット会社との取引において、いついくら借りて、いついくら返済したかを覚えている人は少ないでしょう。
ATMなどから発行される紙片を整理して、長い期間分保管している人も皆無に近いと思います。

ところが、債務整理をする上でこの取引の経過は非常に重要で、取引履歴は貸金業者が時系列に沿って貸し借りを記録したもので、取引期間が長いと10ページ以上になる場合もあります。債務整理をする上では、この取引した過去の金額をもとに法律に基づいた適正な金額を計算して算出を行います。

履歴を見ると初めに契約したときの利率で計算されていることが多く、5年以上の取引期間があれば多少なりとも過払い金が発生する可能性が高くなります。
これは自分でも取り寄せることが出来ますが、その前に、便利な過払いチェッカーというものがネット上に豊富に出回っていますので、一度入力して試算してみると良いでしょう。

それぞれ入力項目に違いはありますが、借入額、残高、年利、返済額や期間、契約期間がわかれば使用出来ますし、入力後にボタンを押せば即座に金額が表示されます。
新宿に本店がある司法書士法人が運営するサイトでは、過払い金計算機と過払いチェッカーがセットになっており、借入金額と期間を入力するだけで診断と過払い金の額がわかります。

事務所のフリーダイヤルも表示されているので、続けて相談し、依頼するのにも便利です。但し、ネット上の過払いチェッカーはおおよその目安で、正確な金額を計算するものではありませんので、取引履歴を取り寄せた上で専門家に相談するのが一番の策となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:過払い

このページの先頭へ