キャッシングサービスを利用の際、利息を払い過ぎているケースがあります

現代ではキャッシングサービスというものが特別な事ではなくなり、どのクレジットカードにも当たり前の様にその機能が付いています。クレジットカードの他にも、大手デパートのカードやコンビニのカードでも手軽にキャッシングができますし、消費者金融等も含めると日本国内での利用者は1,400万人以上にも上ります。

それ程までに気軽にできてしまうキャッシングですが、お金を借りる以上必ず発生するのは利息であり、大なり小なり利用者はそれを支払う事になります。
日本には利息制限法という法律があり、キャッシングの総額が10万円~100万円未満の場合は18%以上の利息を付けてはいけないという規定が存在します。

にも拘わらず、多く賃金業者が長年に亘って法律違反をし、18%以上の利息を取り続けてきたという事実がありました。それに対して、最高裁判所が過払い利息分を利用者に返還しなければならないという判決を下した為、今ではどのキャッシング利用者にも過払い金返還請求という権利が認められています。

一般的に、法律で定められた18%よりも大きく上回る29.2%という驚きの利率で利息を取っている事が多いので、人によっては過払い金を100万円以上も取り戻したというケースもあります。現在キャッシングを利用している方なら、自身が過払い利息を払っているのかどうかは気になる所でしょう。

WEBの無料過払いチェッカーサービスで簡単に調べる事ができるので利用してみる事をお勧めします。
但し、過払い金返還は10年で時効が来ると請求できなくなりますので、心当たりのある方は早めの行動が重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:過払い

このページの先頭へ