過払い金を請求する際は専門家である司法書士に依頼すれば、より有利に解決できます

お金の借入をした場合には必ず利息が付きますが、利息制限法でその利率の限度が決められています。総額で借入金額が10万円未満の場合は20.0%、10万円以上100万円未満では18.0%、100万円以上では15.0%となっていますが、実際には上限利率に反しても事実上の罰則がありませんでした。

一方で、もう一つの利率を定める出資法という法律が存在し、改正前までは上限が29.2%と定められ、違反した際の罰則も設けてあったので、上限ギリギリのこの利率を用いる業者が多く存在しました。

利息制限法と出資法の利率の間の金利帯をグレーゾーン金利と呼びますが、近年最高裁はこのグレーゾーン金利の返還義務を賃金業者に課す判決を下した為、キャッシング利用者で過払い金を払った人には全て取り戻す権利が生まれたのです。

その方法は、もし自分自身で進めるとなると非常に手間が掛かって大変な作業となり、賃金業者相手の交渉は素人には難しく、相手に有利に話を進められてしまうかも知れません。
そこで、専門家である司法書士に依頼するのが、より安全で確実な方法だと考えられます。

賃金業者とのやり取り一切を専門家に任せられるだけでなく、借入している人への業者からの取立てや請求がストップされるので、精神的な安定を得る事ができます。
依頼を決意したならば、良い司法書士を選ぶ必要があるでしょう。

認定司法書士である事や報酬料金を明確に出している事、業者と強く交渉ができる事など検討すべき要素がありますので、腕の良い司法書士を選ぶのが成功への近道となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:過払い

このページの先頭へ