過払い金は債務整理の一つで、本来払う必要がなかった金銭を支払っていた場合には取り戻すことができます

多重債務といった金銭トラブルを解決できる債務整理は、法的に借金を見直して、無理のない生活が送れるようになる救済方法です。

この方法には、借金を帳消しにする自己破産と、話し合いにて利息や借金の減額が可能な任意整理、民事再生、過払い金返還請求などいくつかの種類があります。
その中でも過払い金返還請求は、金融業者に払い過ぎていた金銭が戻ってくる債務整理の方法の一つです。

消費者金融や貸金業者などが、法律で定められている金利を超えた利息を付けて金銭を貸しているケースが多々ありました。
そういった際に払った利息は元々支払う必要のない額で、利息制限法にて決められた利息との差額分を返還請求すれば取り返せます。

手続きについては個人でもできますが、安全でスピーディーな対応を望むなら弁護士や司法書士といった専門家に依頼した方が良いでしょう。
弁護士を頼んだ場合の解決までの流れとしては、まず賃金業者に弁護士を受任したことが伝えられ、取引明細の開示を請求します。

次に、この明細を見て正しい利息額を計算し直し、業者へ払い過ぎていた金銭を返すよう返還請求が行われます。
最後に、返す時期や金額などの折り合いがつけば、和解条約の締結となって払い過ぎた金銭が戻ってきます。

もし、金融業者との間で契約書という形で合意していても、上限を超えた利息は無効ですから返ってきますし、過払いの金銭が完全に払い終わった後でも請求が可能です。
こうした過払い金返還請求を行う場合は、まずは弁護士といった専門家に相談すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:過払い

このページの先頭へ