雇用保険証は雇用保険に加入すると会社に保管され、退職した場合に本人に手渡されます

雇用保険証とは正確には雇用保険被保険者証といわれるもので、雇用保険に加入していると発行されるもので、個人経営でも大きな法人でも従業員として雇用されていれば発行される書類です。

雇用保険証が発行されるのは正社員だけのように感じられますが、一定の条件を満たして雇用保険に加入している、パートやアルバイトの従業員や派遣社員も発行されることになっています。

現在、雇用保険に加入して働いている人は多くの人がそのような保険証は貰っていないと思われるでしょうが、会社に雇用されている間は会社側で保管されるようになっています。
一度も見た記憶がないという人がいてもおかしくないことです。

しかし従業員として雇われなくなった場合、つまり退職した場合には本人に手渡されることになっています。
雇用保険証はどのようなときに使われるのかと言いますと、失業手当の給付の手続きの時に絶対必要になります。

保険証の中に記載されている被保険者番号は1人に一つ割り当てられているもので、本人しか使うことが出来ない仕組みとなっており、再就職する場合には同じ番号が使われることになるので手元に大切に保管しておく必要があります。

再就職の際には年金手帳と一緒に会社に提出すると雇用保険への加入手続きをしてもらうことが出来ます。
では紛失してしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか。

職業安定所で再発行の手続きを行う必要があります。
身分証明書や印鑑を持っていくと再発行してもらうことが出来ますが、なるべく無くさないように大切に保管しておくようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:雇用保険

このページの先頭へ