雇用保険にかかる失業給付受給の流れ

雇用保険では、失業期間中の生活を安定させて、生活に関する心配がない中で求職活動を行い、1日でも早く再就職ができるようにハローワークの窓口での職業相談や職業紹介などの求職活動を行ったうえで、失業給付を受けることが出来ます。

失業給付を受給するには、次に申し上げる手続きが必要です。
順を追って説明いたします。

まず最初に、以前の勤務先から退職に伴って渡された雇用保険被保険者証と雇用保険被保険者離職票をお住まいの住所地を管轄するハローワークに求職の申し込みとともに提出します。
その際には運転免許証などの公の機関が発行した写真付きの本人確認証明書と写真、印鑑、本人名義の預貯金通帳も必要です。

これらの書類等に基づき受給資格と離職理由を確認判定します。
受給資格が決定すると、指定日時に受給者に対して初回の説明会が行われ、初回の認定日が知らされます。

以降4週に一度、指定日にハローワークに赴き、失業認定申告書に求職活動状況を記入して失業の認定を受けることになり、実際に失業給付を受けるためには、失業認定を受けようとする期間中に求職活動を行った実績が必要になります。

これは新聞広告やインターネット、ハローワークの情報閲覧というだけではだめで、実際の求人への応募、就職のために公的な機関が実施する職業相談等への参加、再就職のための資格試験の受験といった実際の行動が求められます。

これらをクリアして認定を受けると本人名義の通帳に約1週間程度で手当てが振り込まれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:雇用保険

このページの先頭へ