ハローワークで雇用保険の受給手続きをする前に知っておくべきポイント

会社を退職したら、ハローワークに出向いて雇用保険の受給手続きをされると思いますが、確認しておかないといけない点がいくつか有ります。
それは、退職後会社側から送られてくる離職票の退職理由に間違いが無いか確認する事です。

退職理由が自己都合で有れば失業手当の給付制限の対象になり3ヶ月間支給されません。
しかし、リストラ等の会社都合で退職した場合は、この給付制限有りません。
その為、給付額の総額に大きな開きが出て来ます。

離職票の退職理由が会社都合だった場合、会社側にデメリットが有り、それは、助成金を貰っていた場合、場合によっては助成金の支給がカットされたり、あの会社はリストラをやっていると言う風評被害を受ける可能性が有るので、会社の都合のみで勝手に退職理由を変更される場合が有ります。

通常のきちんとした会社であれば勝手に退職理由を書き換える事は無いと思いますが、万が一書かれている退職理由が違う場合には、ハローワークでの手続きをする時に担当者から退職理由に間違いが無いか、確認が有るのでその時に違う事を申請しハローワークから会社に指導をしてもらって下さい。

また、退職理由について、会社側から自己都合の退職になると説明されていても、納得がいかない点が有る場合はこの手続き時に相談するようにしましょう。

場合によっては、退職理由が会社都合になる場合も有ります。
雇用保険の手続きが済んだら、積極的に求職活動をして、早く再就職出来る様に頑張って下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:雇用保険

このページの先頭へ