会社の従業員になると貰える被雇用保険者証

被雇用保険者証は、会社の従業員として勤務した場合に厚生労働省が発行する雇用保険に加入していることを証する証明書の一つです。
正式な名称としては、雇用保険被保険者証とも言われます。

被保険者番号、氏名、交付年月、生年月日、被保険者となった日や事業者名称等が記載されています。
発行される対象については正社員だけでなく、条件を満たした派遣労働者やパート、アルバイトといった労働者にも渡されるものです。

大抵は入社時にそれを貰える場合が多いのですが、普通は勤務している間は会社が預かり保管しておいて、その労働者が退職すると本人に手渡されることとなります。
そして退職した人は、勤務先から離職票と被雇用保険者証を渡され、ハローワークに行って失業給付を受ける手続きを行うこととなるのです。

なお、その証明書に記載されている被保険者番号については、本人の専用の番号となっていますので紛失しないように注意が必要です。

もし仮に紛失した場合については再発行を行うことが出来ますが、以前の被保険者番号を新番号に併合することが必要となります。
よってその手続きを行っていない場合には失業給付を受けることが出来ないこともありますので、取り扱いに注意しましょう。

また、再就職をした場合には、企業に年金手帳と一緒に以前の会社で貰った被雇用保険者証を提出します。
そして、再就職先の会社が手続きを行うことによって、以前の会社から雇用保険の加入を継続することが可能となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:雇用保険

このページの先頭へ