雇用保険を取得する基本的な流れについて

雇用保険とは、その取得条件を満たした失業者に対して支給される、保険自体またはその制度全般を指した言葉です。

この保険制度には、労働や雇用環境が日々変動する中で、復職に向けた能力の教育や復職自体が困難とされるケースが考えられるため、それらの行動に対する援助という意味合いも含まれています。

その結果として、能力の向上や雇用機会増加を図ることが、この制度の間接的な狙いとなっています。
こうした保険を取得するには、まず管轄のハローワークでの手続きが不可欠です。

まず、離職する場合、後に会社からハローワークへ提出される離職証明書に対して、離職前に本人署名や離職理由の記載などが必要となります。
そして離職時に、雇用保険被保険者証と雇用保険被保険者離職票を、在籍していた会社から入手しなければなりません。

この際、在職中にこれらの証明書の有無を確認しておく方が、後々の手続きがスムーズに行きやすいので良いとされています。

これらの発行がスムーズにいかない場合は、管轄ハローワークに相談しましょう。
これらの書類を受け取ったら、次に管轄ハローワークへ提出します。
提出時には、書類の他、本人証明書や本人名義の預金通帳の提示も必要となります。

その提出書類が審査され、その結果保険受給資格が認められると、受給説明会の受講をします。
そして、説明会受講後に失業の認定がなされて保険受給が可能となる、というのが、雇用保険を取得する基本的な流れです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:雇用保険

このページの先頭へ