雇用保険とは、厚生労働省が管轄する社会保障事業です

雇用保険とは、労働者が何らかの理由により失業をしてしまった場合や、日々の生活の安定と再就職の促進のために失業等給付を支給し、労働者をサポートする社会保障事業です。

また、この保険のもう一つの目的として、失業の予防や雇用状態の改善、雇用機会の増加、労働能力の向上、労働者の福祉の増進を図ることも目的としています。
この保険は、民間ではなく国が運営をしているものであり、厚生労働省が管轄です。

労働者を雇用している会社は、原則として強制的に加入を義務付けられており、保険料は会社と労働者で折半をして負担をすることとなります。
なお、失業保険という制度は今では廃止されており、それに代わるものとしてこの保険が創設されました。

この保険の中心的な役割である失業給付については、雇用保険の被保険者であった期間や退職理由などにより90日から360日の間で給付の期間が決定されます。

具体的には、年齢が若くて勤続期間が短く、自己都合による退職の場合には給付期間が短くなり、年齢が高くて勤続期間が長く会社都合による退職の場合には給付期間が長くなる傾向があります。

特に、会社の倒産や解雇などにより急遽退職せざるを得なかった場合は、再就職をする時間的な余裕が無いと判断されるので、特定受給資格者に該当し、一般の受給者と比較しても手厚い給付期間となり得ます。

この様に、雇用保険は労働者が職を失ってしまった場合でも、失業中の生活を心配せずに新しい仕事を探し、1日も早く再就職を実現する支援をするためのものなのです。
失業の際には、この制度を活用して安心して再就職を目指す事が出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:雇用保険

このページの先頭へ