単純作業ではあるが専門性を必要とする給与計算のアウトソーシングとは

給与計算のアウトソーシングと聞いて、何が何だか全く分からない方も少なくないのではないでしょうか。
まず、給与計算とは、文字通り給与の計算で、こちらは問題ないと思います。
そして、アウトソーシングとは日本語で、外注または外製ともいい、企業や行政の業務のうち専門的なものについて、それをより得意とする外部の企業等に委託することです。

つまり、給与計算のアウトソーシングとは、本来企業の内部でやるべきである社員の給与の計算を、外部の業者に委託するということになります。
このことのメリットとして最も大きいものは、誰が担当しても同じ結果を出せる給与の計算という単純作業から、企業の社員を解放・削減するということです。

意外にも専門性が高い業務であるために、企業内の少数の担当者への属人化が進んでしまい、人員配置の流動性の低下、退職による代替要員を確保しなければならない、長期従事によるミスや不正の発生などのリスクを削減することが可能です。

さらに、社外秘情報の漏えいも契約上守られ、回避することができるため、このようなサービスを利用している企業も増えてきました。
逆に、デメリットとして挙げられるのは、社内での給与に関する業務ノウハウの喪失や、情報伝達の煩雑さなどです。

このような便利なサービスを利用する際に、デメリットについても考え、自分の会社のニーズに対応しているかどうか、しっかりと見極める必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:給与計算

このページの先頭へ