給与計算業務アウトソーシングのメリットについて

給与計算業務は、会社の重要な庶務業務ではありますが、意外に手間隙がかかる作業です。
しかも手間隙を要する割に、会社の収益向上には全く寄与しないものなので、出来ればインハウスでやりたくないと考えている企業主も多いと思います。

そのような場合には、給与計算業務アウトソーシング会社に依頼し、計算業務を代行してもらうと良いしょう。
給与計算業務をアウトソーシングするメリットは大きく3つあります。
一つ目は単なる作業からの離れられる点です。
給与計算業務は誰が担当しても同じ結果を出すことが目的である単純作業です。

このような作業に社内の貴重なリソースを割くのは勿体無いと言え、給与計算業務をアウトソースすると、貴重な人材を単なる事務作業から解放し、会社の収益に資する本来業務に配置する事が可能となります。
2つ目のメリットは属人化リスクの回避です。

給与計算は専門性が高い業務であるが為に少数の担当者への属人化が進むことが往々にしてありますが、そうなると①人員配置の流動性が低下する、②退職による代替要員確保が困難、③長時間同じ人間が従事する事により不正が発生しやすくなる、といったリスクが発生します。
アウトソースをするとこのようなリスクは回避出来ます。

最後のメリットとしては社内秘情報の漏洩リスクの回避です。
給与に関する情報は社内外への情報漏洩を回避しなければなりませんが、社内で給与計算を行っている場合には関与者が多く、完全に秘密が守られるとは限りません。
アウトソーシングをするとこのようなリスクも回避する事が可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:給与計算

このページの先頭へ