給与計算ソフトの比較について考える

アルバイトやパート、派遣社員や契約社員、正社員など、仕事をしていることと引き換えに誰でも報酬として得ている給与ですが、この給与計算というのは非常に大変なことで、たとえ1円でも合わなければ、合うまでやり直さなければならないほどシビアです。

しかし、オフィスや家庭でもパソコンの普及が進み、給与計算も手計算ではなく、給与計算ソフトを使用して計算出来るようになりました。
とはいえ、給与計算ソフトには有料、無料ともに数が沢山あり、どのように比較して良いのか分からないかもしれません。

そのような時は、ソフトによってはトライアル版もあるので、そういったものを活用して比較することも一つの方法です。
給与計算ソフトの比較と選定ポイントを挙げてみると、タイムレコーダーとの連携や振込データの出力があります。

タイムレコーダーで勤怠を管理する時は、データを直接給与計算ソフトへ取り込めば転記ミスが無く、迅速に処理をすることが出来ます。
また、どのタイムレコーダーに対応しているかも大変重要なポイントになります。

他にも、今話題のインターネットバンクを利用して給与振込を行う場合は、振込データをソフトから出力出来れば、簡単に振込みが可能です。
しっかりしたソフトなら複雑な計算もこなすことが出来ますが、安いソフトだとこういったことは不可能な場合が多いので注意しましょう。

また、登録可能な社員数、支給項目、控除項目に制限があるので、将来的な会社の規模や給与項目数に対応したソフトを選ぶ必要も出てきます。
さらに、税率や社会保険の変更に対応出来るかの確認も必ずしておくこともとても重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:給与計算

このページの先頭へ