給与計算料金のコスト削減

給与計算は、毎月の業務の中でも特に手が掛かります。
現代では、は給与計算ソフトを使ったり、給与計算のアウトソーシングに依頼したりする企業が増えています。給与計算ソフトには有料の物と無料の物、そして、クラウド型(インターネット上で計算出来る物)とに分けられます。

もう一つの給与計算のアウトソーシングは、簡単に言えば給与計算代行サービスです。
コスト削減と業務効率化を図れますし、計算ソフトより手間が掛からない事から導入する企業は多くなってきています。

給与計算のアウトソーシングの給与プロでは、毎月一人につき300円という低価格でコスト削減を実現させ、計算作業による時間とミスがゼロになり、業務効率化も実現するサービスを提供しています。

この計算代行のメリットは、自社作業よりも低コストで抑えられる(計算ソフトのバージョンアップが不要)事、給与計算をトータルサポート(給与担当者が退職・休職しても安心)している事、専門性の高いサービス(社会保険労務士と連携した高品質を実現)、セキュリティの強化(Pマーク取得で個人情報保護を強化)という点です。

何より、給与計算料金が低価格というのが魅力でしょう。
例えば、従業員数が500名の場合、自社で計算すると、勤務表のチェックと集計、集計結果入力、入力後チェックに時間と労働力が掛かり、計算すると年間約410万円が必要になります。

給与プロを利用した場合、給与計算とPC勤怠サービスを利用するケースで年間252万円と、約40%もコストカット出来ます。
給与計算のアウトソーシングの中には、社会保険労務士が代行業務をしている所もあるので安心です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:給与計算

このページの先頭へ