最近では給与の計算以外にも年末調整や住民税徴収額更新を部分的に外部委託している企業が増えています

毎月、給与計算を社内で行うことは、大変な労力が費やされます。
最近では、給与の計算だけでなく、年末調整や住民税徴収額更新を部分的に外部委託する企業が増えています。企業から外部に委託することをアウトソーシングと呼び、給与の計算アウトソーシング企業はたくさんあります。

40年以上の実績で培ったノウハウを活かしたシステムが自慢のセゾン情報システムズは、5,000名以上の従業員数に対応しています。
データ入力から支払いまで給与の周辺業務を請負っており、年末調整や住民税年度更新のみの提供も可能です。

システムのみを利用する際も、Web明細、Web勤怠、Web申請、社内システムと連携の充実したサービスを組み合わせて提供しています。

国内最多の240社、84万人の導入実績を築いているのは、給与の計算業務専門のペイロールという企業です。計算以外に業務改善も提供しており、内部からは見えづらい課題を抽出し、独自の業務テンプレートで改善していて、業界トップレベルの安全性が選ばれる理由の一つになっています。

大事な給与を預かる企業なので、様々な認証を受けている、例えば、プライバシーマークやISMSの認証取得(情報の機密を守る枠組み)、SSAE16及び、ISAE3402(アウトソーシング向け内部統制評価)に準拠したType2報告書の外部機関による認証・評価を受けています。

給与計算のアウトソーシング企業を選ぶ際は、対応地域や従業員規模、受けたいサービスで比べて選ぶ事がポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:給与計算

このページの先頭へ