給与計算代行業者により給与計算代行費用やサービスが様々なので、自社のニーズに合ったところを選びましょう

最近、給与計算を代行業者にアウトソーシングすることにより人事・経理事務の業務負担を軽減し、本来の業務に注力出来る体制を整えている企業が増えています。
気になるのは給与計算代行費用ですが、多くの代行業者では1人あたりの価格を明示しているものの、初期登録費用などは別途必要なケースがほとんどです。

株式会社シスプロの運営する「給与PRO」では、初期導入費用として従業員数に応じた初期設定の費用として5万円、給与明細に必要な社員情報の登録費として1人300円がかかります。

初期設定が終われば、月額料金は基本料金1万円と従業員1人あたり300円です。
株式会社ココペリインキュベートが運営する「東京経理・給与計算代行センター」では、基本料金は5,000円からで、従業員が多くなるほど負担が大きくなりますが、1人あたりの月額料金は従業員が多くなるほど負担が少なくなります。

例えば5名までの計算なら基本料金は5,000円で1人あたりの月額料金は600円、41名から50名の場合には基本料金が3万円で1人あたりの月額料金が390円です。
賞与支給時に関する計算はオプションとなっている事が多く、支給月のみ別途料金がかかるので、こうしたコストに関してもチェックする必要があります。

また、その他にもオプションは各社で用意されており、給与振込や給与明細の送付などといった給与に関する業務を丸ごと任せる事も可能です。
企業が必要としている業務と給与計算代行費用のバランスを考慮に入れて業者を選定し、業務の効率化を目指しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:給与計算

このページの先頭へ