プレパッケージ型民事再生手続きを行い早期再建を目指す

民事再生は、経済の行き詰まりにより通常経営が難しくなった企業が再生をはかり、民事再生法に基づく裁判手続きを行うものですが、自力での再生が困難な場合に、手続きに入る前の段階でスポンサーや事業の譲渡先なども決めておく、プレパッケージ型民事再生というものが存在します。

民事再生を申し立てると、銀行などからの融資を受けられなくなる場合が多く資金繰りが悪化し、再生の目処がたたなくなる可能性がありますが、事前に資金の融資を受ける事が出来るスポンサーとなる企業が存在する場合、とても優位に再生を行う事が可能です。

民事再生法の申し立てを行うと同時にスポンサーとなる存在があることを公表することで、企業が世間に与えてしまうマイナスイメージをある程度抑えることが出来ます。
このことは、これからの仕事を行っていくにあたりとても重要な事で、取引先関連会社や、自社の従業員などの不安や動揺を取り除くことができ、企業価値も下がり過ぎることがなくなり、仕事の受発注に与える影響も大きなものではなくなる事で、通常業務に戻りやすく、再生もしやすくなります。

スポンサーの存在は債権者にとっても、短期間の間に債権回収が出来る可能性があるため、プレパッケージ型民事再生は有益な方法です。
また、プレパッケージ型民事再生とともにDIPファイナンスを受ける方法もあります。

DIPファイナンスは事業再生支援資金の事で、企業の再生を支援する制度となっていて、支援を受けるためには一定の条件がありますが、対象となる企業はこの制度を活用すれば、より一層の早期再生が望めます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:民事再生

このページの先頭へ