民事再生計画を立てて再生の一歩を踏み出そう

民事再生と言いますと、会社が経営に行き詰ってしまい、会社を存続させるために行われる措置だと思われがちですが、実は個人の民事再生もあります。
もちろん、個人でも同じように債務が増えすぎて、これから先、生活していくのに困難な状態に陥ってしまった場合などに適用されることがあるのです。

給与所得者あるいは自営業者が、債務額5000万円以下の場合では、債務額を100万円または、5分の1に圧縮して、債務を3年間で返済することを民事再生と言います。
そして、民事再生の手続きを行う上で、民事再生計画が必要になります。

この民事再生計画とは、債務者が自ら計画を立てることで、債権者に合意してもらうようになるものですから、あまりにも無理のある民事再生計画では合意に至らないこともありますので注意が必要です。

また、専門の知識も必要になることから弁護士などに介入にしてもらい、正当な手続きを経て、民事再生計画を立てると良いでしょう。

膨大な借金の返済に困った場合には、民事再生の手続きを始めれば、その後の生活もだいぶ楽になるはずです。
そして、民事再生計画は、現実的に3年間でどのように債務を返済していけば良いのかを考えて計画を立てていきます。

住宅を持っている方が民事再生の手続きを始めても、ローンの一括返済などはなく、これらも債務の減額や期間の延長などの措置がとられることもあります。
今まで債務で生活が大変だった分、民事再生の計画通りにしっかりと返済することを怠らなければ、新しい一歩を踏み出せるのも民事再生の良い所だと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:民事再生

このページの先頭へ