民事再生には法律などの専門的な知識が必要になり、それを弁護士に依頼することには様々な利点があります

持ち家を手放すことなく大幅に借金額を減らせる債務整理の手続きが民事再生で、この手続きは申立てまでには時間がかかる場合が多く、その間の取り立てに悩まされることがあります。

また、民事再生の申立てには借金総額や内容、収入や財産に関する様々な資料や書類を準備しなければなりません。
さらに、申立書の作成には専門的な知識が必要になるだけでなく、手間と時間も要します。

申立て後は、再生計画案を作成し裁判所に提出しますが、この書類の内容も複雑である為、個人で作成するのは難しいのが現状です。
しかし、弁護士に依頼すれば、これらの悩みから解放されます。

弁護士が受任の通知をすることで、消費者金融やクレジット会社などの債権者からの連絡がなくなり、取立ても停止しますし、また、手続に際して債権者や裁判所・再生委員との交渉を代理してくれますので精神的な負担が軽くなります。

さらに、民事再生の手続きは複雑で専門知識がないと難しい書類の作成などもあり、それらも弁護士が代行しますので、法に適応した間違いのない手続きを進めることができ時間と手間の節約にもなります。必要な書類などは指示通りに準備をすれば問題なく、円滑に手続きを進めることが可能です。

そして、借金が増えてしまった経緯や借金返済に充てられる財産がないことなどを裁判所に伝え、借金免除の為に力を貸してもらえます。
このように多くの利点が期待できますので、無料相談窓口などに相談してから弁護士に依頼すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:民事再生

このページの先頭へ