民事再生手続後のスポンサー企業による再建方法

民事再生手続は、債務超過に陥るなど経営状態が悪化した企業が裁判所に申し立てを行うことにより、事業を継続しながら債務の圧縮や弁済の猶予を受けて再建を目指す制度で、この再建の方法には様々な方法があります。

企業が経営陣をそのままに、債務の圧縮を受けて本業の収益により債権弁済を行っていくのが、原則的な自力再建型と呼ばれる方法で、それに対し最近増えて来ているのがスポンサー型での再建で、民事再生を申し立てた企業に対し、将来の収益性などに期待をした他の企業が様々な資金援助などを行い再建を行っていきます。

その場合には、子会社化を行うなど企業自体の買収を伴うことも多くなっており、申し立て後に入札などでスポンサーが決定することが多いですが、申し立て前から支援企業が決定している場合もあり、それがプレパッケージ型と呼ばれる再建法になります。

メリットとして、民事再生に対するマイナスイメージや信用を守れる点が挙げられ、営業譲渡を前提とした場合にはこの譲渡代金で債権者に一括して再生債権の弁済を行われることが一般的で、再建のスピードが上がります。

ただし、プレパッケージ型では多くの場合、メインバンク等といった大口の債権者から事前に承諾が必要なケースもあるので注意が必要です。

このように民事再生申立後の再建法には様々な方法があるので、申し立てをする場合には様々な可能性を考慮する必要がありますが、再生手続中に自力再建からスポンサー型へ移行するケースも多いので、状況により自社の再建に必要な方法を検討して下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:民事再生

このページの先頭へ