年金申請はややこしいです

年金申請は本当にややこしいです。
まず、年金申請に関して、年金受給を申し込みたい人は、手続きを自主的にしなければなりません。

せめて年金機構の方から、年金の受け取りに関して何らかの手紙やはがきを出してくるという手続きであれば良いのですが、こちらからいろいろ煩雑な手続きをしたうえで必要な場所へ持っていかなければならないということとなっています。

また、国民年金や厚生年金、いつ会社を辞めたかによっても年金申請の手続きをする場所が変わってきます。
すべて国民年金での支払いの場合は、今住んでいる地元の市役所で良いのですが、厚生年金の場合は、最後に働いていた企業、会社の存在するところを管轄している年金事務所に行かなければなりません。

国民年金と厚生年金が混ざっている場合も、厚生年金を支払っている時に定年退職をしたのであれば、同じように最後まで働いていた企業、会社の存在しているところを管轄している年金事務所に行く必要があります。
逆に、最後は国民年金で支払いを終えた場合でも、厚生年金を支払っていた期間があるのなら同様です。

その企業、会社が今住んでいるところと離れており、日帰りでは行けないところであれば郵送でも可能かもしれませんが、大事な手続きですから自ら足を運んで手続きをした方が確実でしょう。

分からないところがあれば、職員に訊けるメリットもあります。
ともかく大事な手続きですから、十分な準備に時間をかけることが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:年金

このページの先頭へ