日本に居住する20歳以上60歳未満の国民は、原則として国民年金に加入することとなります

日本国内に居住している20歳以上60歳未満の国民は、国民年金の被保険者になります。20歳になると学生や厚生、共済年金の加入者などを除き、第1号の加入手続きが必要です。
この手続きは市役所や区役所、町村役場で行います。

経済的な事情などで保険料の納付が難しい場合は、納付猶予制度がありますので相談しましょう。手続きの流れとしては、まず「資格取得届」を提出します。
20歳の誕生日の前月に届け出の用紙が送られてきますので、必要事項を記入して最寄りの市役所や区役所、町村役場または年金事務所へ提出してください。

それと同時に、保険料の「若年者納付猶予制度」や「学生納付特例制度」の申請書を提出することも出来ます。提出からしばらくすると「年金手帳」が届きます。
これは、保険料納付の確認や将来金銭を受給する際に必要となりますので、大切に保管しておきましょう。

厚生保険の被保険者だった方や共済組合に加入していた方、障害・遺族年金を受給している方や受給していた方には送られません。
その後、「保険料納付書」が届き、その納付書で保険料を納めることになり、保険料は金融機関の他、コンビニエンスストアでの納付や電子納付も可能です。

また、口座振替やクレジットカードを使用した納付も可能なので、最寄りの事務所まで問い合わせてください。
納付書は保険料の納付猶予制度を申請した方へも送られます。
不明な点は、公式ホームページや近くの事務所へ問い合わせると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:年金

このページの先頭へ