任意整理中は、信用情報、いわゆるブラックリストに書き込みがされます。

任意整理とは、裁判所を通さずに債務者と金融業者等の間で交渉をする手続きのことで、利息を利息制限法で引き直して過払い金を取り戻したり、借金を減額したり、月々の支払額を減額したりすることが目的となります。
互いの希望が折り合わなければ和解成立しないこともありますが、裁判所を通すほどの煩雑な手続きは不要で、時間もそれほどかからないことから、訴訟等の前に行うことが多いです。

任意整理に限らず、約定通りの支払いをしない債務者に関しては通常、信用情報に書き込みがされます。
これはいわゆるブラックリストで、主な利用者が金融業者、銀行、信販系と分かれていますが、近頃では複数の信用情報を閲覧しているところも多く、例えば金融業者がよく利用するところに記載されても、銀行や信販系でローンが組めなくなることも珍しくありません。

これは過払いが発生している人も同じで、弁護士や司法書士から通知が来た時点でその旨の記載がされるようです。ただし、過払いの場合は任意整理中は信用情報に記載されるものの、過払い金を受け取って契約を解除することで、またローンを組めるようになるケースがほとんどです。

支払い残がある場合には、分割弁済を終えてからさらに数年間は信用情報に事故の記録が残ります。
ブラックリストにはなるべく載りたくないが、過払いがあれば任意整理をしたいという人は、専門家に依頼せずに自分で履歴を取り寄せ、それを自分で引き直すなり専門家の下へ持参すれば、直接交渉から和解締結までの期間で済みますので、事故の記録を最短にすることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ