多重債務の人は任意整理で借金を整理出来ます

債務整理で一般的に世間に認知されているのは自己破産でしょう。
多重債務の者が借金を免除してもらうと言うことは、いわゆる踏み倒しと同じ意味に感じてしまい、債務整理にはあまり良いイメージは持たれませんが、これは正しいとはいえません。

債務整理には自己破産のほかにも3つの方法があり、中でも一般的なのが任意整理と言われる手続きで、弁護士に依頼して債権者と話し合いをしてもらった上で、借金の減額をしてもらうという和解を成立させることなのです。
つまり、借金がチャラになる自己破産とは違い、減額された借金を返済していくことが目的です。

また、この際に過払い金の引きなおし計算もしますので、過払い金があったら債権者との立場は逆転し、払いすぎたお金を返還してもらう手続きに切り替えます。
債務整理をしてみると、案外、自分ばかりが悪いわけじゃなかったという事実も人によっては見てくるので、手続きを取ることをおすすめしたいのです。

とはいえ、借金の返済に苦しんでいるというのに弁護士費用を支払うお金があるはずがないという最もな意見もありますが、そんな場合は弁護士費用立替制度を利用してみてください。
これは文字通り、一定期間、弁護士費用を立て替えてもらえると言うもので、手数料や金利などは一切かかりませんし、弁護士事務所によっては費用を分割払いすることも可能です。

費用面に関しても弁護士に相談してみるといいでしょう。
さらに任意整理の手続きに入ると、返済の義務の停止や取立て禁止期間に入りますので、この間に自分の生活を立て直し、債務整理後の完済に意識を向けておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ