任意整理を行うと、信用機関のブラックリストにも載ります。

借金問題を解決するために、任意整理を行って調停を申し込む方が非常に多くなっています。
多重債務が有る方、長期間にわたって繰り返し借金をされている方には、借金問題を解決する糸口となる方法で、手続きは簡単であり、裁判所にて調停の申し立てを行う事から始まり、ご自身の現在の収入から生活に必要な金額を引き、残ったお金で借金返済をさせてくださいと、裁判所を間に挟んで債権会社と話し合いを持ちます。

生活に必要な金額をきちんと確保したうえで借金返済をするので、今まで生活に無理をして返済を続けてきた方にとっては、非常にメリットがあります。
この様な債務整理を行っても、その後の生活に関しての特別な障害はありません。

ご自身と裁判所、債権会社との間で話し合いが行われますので、ご自身の口から言わない限り、誰にも知られることなく手続きが出来ます。
しかし、信用情報機関のブラックリストには、その記録が残ってしまいます。

一度ブラックリストに記録がされると、その後5年から10年の間にかけては、新たに借り入れをおこなったりローンを組むことが非常に難しくもなります。借金を返済するために調停を行ったのですから、その後の借り入れやローンが組めない状態になっても、新たに借金を増やせないものだと考えることが出来れば、それもある意味良いことです。借金問題が原因で生活に支障をきたしている方へは、任意整理を行う事をお勧めいたします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ