任意整理は借金を整理する方法の事で、弁護士や司法書士などが金融機関などに対して交渉します。

債務とは借金の事で、債務整理とは、借金を整理する方法の事を言います。
債務整理には、自己破産、個人再生、任意整理などのいくつかの方法があります。
自己破産は、全ての借金を帳消しにすると言う債務整理です。

借金の返済が不可能だと言う事が裁判所で認められた場合に免責となり、借金の返済をしなくてもよくなるのです。
しかし、自己破産を行う場合には、資産などが没収される事になります。

次に個人再生は、まず借金を減額する事になり、減額された借金を3年で返済していくと言う方法です。
この個人再生の場合は、住宅などの資産は手放す事なく債務整理を行う事が出来ます。
そして任意整理では、弁護士や司法書士などが金融機関などに対して交渉する方法です。

その時に、借金の減額や分割での支払いなどについての要求を相手に伝えます。
借金の総額が減る事で月々の返済額が少なくなり、借金の完済を目指す方法です。
任意整理についてもう少し詳しく説明をすると、任意整理は言葉の通り任意で借金を整理する事になります。

裁判所などの機関を通さずに、債務者と債権者の間で話し合いの場を持つ事で借金を減額するのです。
任意整理を行う場合には、やはり交渉力が1番大切な事になります。

債務者と債権者が直接話をすると感情的になってしまったりと、上手く話し合いが行われない事が懸念されますが、弁護士や司法書士の債務整理に詳しい方が間に入る事で、スムーズに話し合いの場を持つ事が出来るのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ