任意整理後にはクレジットカード審査が厳しくなる

任意整理をした場合に借金が減額されても、完済後5年から7年くらいは、個人信用情報に事故情報が載せられます。
たとえば、5年かかってやっと完済できた場合には、その後さらに5年から7年程度は、クレジットカードやローンの審査を通過するのは、通常は難しくなります。

さらに、こうして7年程度が経過して個人信用情報から情報が消えた後も、任意整理をした金融機関では、金融機関側に当該情報が残ることになるので、結局、同じ金融機関から新たに借金などをすることは難しいです。

その場合には、任意整理をした金融機関やその系列会社以外の金融機関でカード申請などを行うことになります。
もちろん、一部の会社では審査が甘いところもありますが、それでも必ず審査が通るという保証はありません。
ネットでの買い物や引き落としなどでは、カード支払いができなければ何かと不便です。

その不便さは、ネットだけでなく、プロバイダーの契約などでも支障をきたすことがあります。
債務整理に関しては、整理をした後での日常の不便さが上記のような形で現れてきます。

しかし、債務整理をしなければもっと悲惨な結果になることがあります。
どのような状況で債務整理をするのが自分の場合には最も妥当なのかという点を、法律の専門家とよく話し合って決めましょう。

債務整理は飽くまでも最終的な手段であって、減額ができるからと飛びつくものではありません。
まずは、借金返済の工夫を考えるべきだと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ