任意整理報酬には依頼する側がわからない事も多々あるようです

借金問題で、弁護士や司法書士の方に処理を依頼した場合、かなりの高額になったという人もいるようです。
確かに、相談料は時間でいくらなど、その事務所ごとに少しずつ違うところがあるのも事実で、そういった任意整理報酬について、高過ぎるのではないかと指摘されています。

困っている人たちが借金を整理したとしても、それは支払いが0になるわけではありませんから、その後の借金の支払いに加え、さらに弁護士や司法書士などに支払う事も考えれば、少しでも抑えたいと考えるのが普通でしょう。

では、任意整理報酬の標準とはどれくらいなのでしょうか。
借り入れしている業者数にもよりますが、大体は1社2~3万円程度といわれ、その半分が報酬として弁護士や司法書士に支払われる事になります。

しかし、そこには若干ですが、わかりづらいところもあるようです。
現在進行形で返済しているものに関しては標準価格内で済みますが、返済完了分のもので過払い金があったという事が分かるとまた違ってきます。

過払い金分は基本料から更にプラスした金額を請求する事になっていて、この部分が任意整理報酬を高額にしてしまう原因とされているのです。
しかし今現在、この過払い金の返還という事が非常に多くある為、この問題はなかなか簡単には解決しないと言われています。

ただし、お金に困っている人が生活を立て直そうとしている事なので、そこに高額の料金をとるというのは少しおかしいという流れになってきていますから、この先正当価格でやってくれるところが増えてくるのもそう遠い事ではないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ