任意整理をはじめとした債務整理の相談は弁護士事務所へ

多重債務などに陥って、自分の返済能力を超えた債務を負った場合には債務整理をする必要がありますが、こうした債務整理の一つとして、任意整理と呼ばれるものがあります。
これは、金融業者などの債権者と交渉をして合意を得られた場合、将来の利息のカットや債務の減額を受けられるものですが、個人で債権者と交渉を行うのは難しいものです。

そこで、弁護士などの専門家に依頼し、代理人として交渉にあたってもらうのが一般的で、この依頼にあたっては、弁護士事務所などにまずは相談をするのが良いでしょう。

相談をする理由としては、債務整理を得意とする弁護士事務所の多くは無料で相談を受け付けているので気軽に相談出来、その対応や費用負担など、詳細を聞いた上で弁護士を選べる点です。

事務所によっては着手金といった初期費用に関して無料となっているところや、費用を分割で支払えるところなどもあるので、相性と費用の両面で検討できます。

また、債務整理としてベストな方法が本当に任意整理なのかという点を、相談して洗い出すということも必要です。
場合によっては、他の手段の方が効果の高い場合もあるので、この見極めは非常に重要となります。

このように、弁護士事務所に相談することによって、任意整理をはじめとした自分に合った債務整理を知り、生活再建に向けた道筋をつけていくことが不安の解消にも繋がります。無理して自分で解決しようとして借入れをし過ぎてしまうと債務整理の選択肢が狭くなるので、早期に相談をしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ