任意整理後の新たなローンについて

利息と債務金額の軽減や借金の取り立てがなくなることが大きなメリットといえる任意整理ですが、信用情報機関にあまり嬉しくない情報として登録されてしまいます。
この事故情報が登録されると新たな借り入れやローンが組めなくなり、カードを作ることもできなくなります。

任意整理をしたということは、借金問題を自己解決できなかったということであり、信用度は相当低くなっています。その為、高額ローンの審査を通過する確率はほとんどないと言っていいでしょう。もちろん、クレジットカードの利用もできなくなり、少額の借り入れであっても審査に通らない可能性が高くなります。

しかし、この事故情報は永遠に残るものではなく、完済してから一定の期間が過ぎると登録情報が消える仕組みになっていますので、抹消されると借り入れが可能になります。

主な信用情報機関は、銀行などの団体が加盟している「全国銀行個人信用情報センター」と消費者金融・信販会社・クレジットカードなどの団体が加盟する「株式会社シー・アイ・シー」、「株式会社日本信用情報機構」があります。

この各信用情報機関によって事故情報の登録期間が異なりますので、気になる場合は直接問い合わせて、信用情報を開示してもらいましょう。

しかし、これらの機関の記録は消えますが、それぞれの金融機関では事故情報を保持していることが多いので、任意整理をした金融機関から新たに借り入れることは難しいでしょう。従って、新たなローンを考える場合には、別の金融機関を選ぶことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ