任意整理は、債務整理の中でも裁判所を通さずに業者と話し合う方法ですが、司法書士や弁護士に任せるのが一般的

返済能力を超える借金を負った場合、裁判所を通さずに利息のカットや支払方法の変更などについて貸金業者と話し合うことにより、合意を得てこの条件に合わせて返済を続けることを任意整理と呼びます。

この方法を取るメリットとしては、他の債務整理の手段と違って整理を行う相手を選べる点があり、取引をそのまま続けて支障が無い貸金業者とは話し合う必要はありません。

さらに、貸金業法の改正前のグレーゾーン金利と呼ばれる、利息制限法の上限金利を超える金利で貸し出されていた場合には、上限金利を超えた過払い金に関して返還請求も合わせて行うのが一般的です。

過払い金があった場合は借金が大幅に減ったり、借金が無くなったりするケースもあるので活用を検討しましょう。
しかしながら、任意整理などの手続きに関して個人で行える人は少数で、司法書士や弁護士などに代理人となってもらう事が多いです。

債務整理に関して力を入れている専門家は無料相談に応じてくれる事が多く、過払い金の有無などについての計算まで無料で行うところもあります。また、任意整理をしたいと考えている場合でも、借金の総額や収入と支出の状態によっては他の手段の方が適しているケースもあるので、まずは早めに専門家に相談をする事をお勧めします。

費用についても、それぞれの事務所により初期費用や減額された金額の一定割合を報酬とする減額報酬が必要無いところもあり、支払い方法が後払いのところなど様々なのでホームページなどで調べて検討しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ