任意整理は交渉で借金額が減らせる方法で、完済した後に一定期間が経つとローンも組めるようになります

多重債務といった金銭トラブルを法律的に整理できる債務整理は、行うことで無理のない返済計画が立てられるため、借金で困っている人にお勧めの方法です。
この債務整理には、民事再生や自己破産などいくつかの種類があり、中でも任意整理は話し合いで借金の減額が可能となっています。

裁判所や公的機関を通さず、利息分の金額や毎月の支払い額を減らしてもらえるよう、債務者と債権者が交渉します。話し合いで借金の整理をすれば、裁判所へ提出するための資料収集や細かな手続きなどが要らず比較的簡単に進められますし、官報の広報媒体に載らないため人に知られることもありません。

また、自分で手続きを進めず弁護士に頼むと、和解成立となるまで返済が止まり取り立てがなくなります。

こうしたメリットが見られる任意整理ですが、整理後に自動車やマイホームを買う時にローンを組みたいと思っている人は注意しなければいけません。
実は、金融機関同士がこういった情報を共有しているので、整理中は勿論、返済し終わった後も「事故情報」として扱われ、一定期間ローンを組むことは不可能です。

その一定期間とは5年から7年と言われており、こうした期間が終わり再び審査を行えば、収入状況によって組めるようになります。借金の完済直後にローンを組むことは難しいですが、「事故情報」の記録がそのまま残って永久に組めなくなるわけではないので、すぐ自動車やマイホームをローンで購入する予定のない人は任意整理を行いましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ