任意整理の交渉は法的知識が求められることなどから個人で行うことは難しい

貸金業者からの借金の返済を重ねた結果として多重債務に陥った場合などには、債務整理を行うことで新たな借金ができなくなるなどのデメリットを抱える代わりに、月々の返済額の圧縮や方法によっては返済義務の免除が可能となります。

こうした債務整理の方法の中で任意整理は、貸金業者との話し合いによって利息のカットや月々の返済額、返済する期間の変更に合意を受けて内容に沿って返済を行います。

こうした交渉は法的な知識が求められることや、貸金業者が話し合いに応じないケースも多いことから個人で行うことは難しく、司法書士や弁護士といった専門家に依頼するのが一般的です。

場合によっては利息制限法の上限を超える金利で借入れをしていることもあるので、そうした借入れが無いかについての調査や計算も専門家の事務所では行っています。
また、債務整理を得意としている事務所に関しては、任意整理の交渉のノウハウや実績を豊富に蓄積しているところも多いので、この交渉力も頼りになります。

料金体系について注意が必要なのは、事務所によって違いがある、借金が実質的に減額された時に成功報酬としてかかる減額報酬の有無や、返還された過払い金に対する報酬に適用される割合です。

こうした料金に関しては弁護士事務所などのホームページで明示されていることが多いので、事務所によって違う費用など総合的に観て判断をすることで賢く活用できます。
できるだけ早めに相談をして、解決に向かっていきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ