企業が国という枠組みを越えてグローバル化するにつれて、特許侵害が深刻化しています

特許というのは、現代において、企業の未来や研究機関の未来、果ては国の将来を担う重要なものとして考えられています。
特許制度は、企業や研究機関が開発した技術や製品を登録することで、一定期間その技術力並びに製品力を独占し、利益を上げることを目的として作られた制度です。

特許には期限が設けられており、特許として登録する代わりに、その期限が切れるまでは、技術力を独占し、利益を出すことが認められています。
特許は、企業や研究機関の未来をも左右するため、その取り扱いには十分に注意しなければなりません。

少し前までは、有益な発明をした場合、特許申請を行うことが当たり前でしたが、競合する企業にその内容を明かさないために、あえて特許申請を行わないという方法が取られることも今日では少なくないようです。
現在では、特許は一企業や一研究機関のみならず、国益に繋がると考えられています。

例えば、日本の自動車企業が持つエコカーの技術は世界トップクラスにあり、申請されて認められた特許のほとんどを日本の自動車企業が独占しています。
日本のエコカーの技術力は、特許によって世界を席巻し、国益に繋がっているといっても過言ではありません。

しかしながら、企業が国という枠組みを越えてグローバル化するにつれて、特許侵害が深刻化しています。
特に、技術立国といわれる日本の技術力は高く、韓国や中国のグローバル企業による特許侵害が相次いでおり、国益を損ねる結果を招いているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:特許

このページの先頭へ