特許事務所の求人で求められる人材とは

転職活動をしている人なら、ハローワークなどで特許事務所の求人を見たことのある人もいるでしょう。
事務職の募集であるにも関わらず、必要な資格の欄には四大卒と書かれていたりTOEICで800点以上であることが条件など、ハードルが高いことが多いです。

なぜ、事務職にこういったスキルが要求されるのか、疑問に思う人も多いのではないでしょうか。
こういった事務所が取り扱う内容には、理系の知識がかなり重要なウェイトを占めています。

機械や技術の申請を図形や説明とともに申請書に記載する必要があり、その手続きは国内に限ったものではないからです。
外国の会社の日本国内での申請を引き受ける場合、依頼主の会社とのやりとりは英文で行われます。

ドイツの会社とのやり取りであれば、ドイツ語でといったこともでてきますが、基本ビジネスであれば英語ができることがもっとも必要なことになってきます。
依頼主の申請の内容を理解できるには、それなりの知識を必要とされるのもうなずけます。

申請によって依頼主である会社への利益に大きく関わることもあるため、また、申請に不備があることによって大きな損失を出してしまうといったことを避けるためにも、物事を慎重に正確に進めるタイプの人が向いているともいえるでしょう。

しかも、申請には期限があるため、それに間に合うようにもしなければなりません。
忙しいうえ、緊張感もある仕事だといえますが、だからこそ、やりがいも十分感じられる仕事なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:特許

このページの先頭へ