特許法を勉強して国際弁理士として活躍する方法

特許を代表とする工業所有権は、現代社会において、製造業に限らず多くの産業で必要不可欠なものとなっています。
自らの発明や意匠、著作などについて権利を法律で保護することは、産業の発展には不可欠な制度です。

このような制度については、国際条約によって外国でも同様な法律によって保護されており、国際社会でのビジネスにおいても、工業所有権がいかに大切な権利であるかが認識されている証拠でもあります。
特許などの工業所有権は国際特許出願数が年々増加しており、特に中国の出願数が急激に増加しています。

これからもアジア各国の経済発展が続くことになれば、特許等の出願数も年々多くなることから、特許出願の取り扱いを行う弁理士の需要も増加傾向にあります。
弁理士とは、特許法、実用新案法、意匠法、著作権法などの法律を学び、工業所有権の出願についての専門家です。

複雑な出願手続きや補正手続きでは、発明について最大限獲得できる範囲の権利化を行う為に、明細書の記載内容などについて多角的に検討してくれます。
このように大変頼もしい弁理士ですが、実際に弁理士になることは、一般的には難しい試験に合格しなければならないと考えられています。

確かに複数の法律について熟知していなければ試験に合格することはできませんが、弁護士や司法書士と比較すれば勉強する範囲は狭く、比較的短時間の勉強でも合格することが出来るものです。

これからの工業所有権は、国内から海外へ、海外から国内への出願が多くなることから、英語を得意分野としていれば国際的な業務を受注して広く活躍することが出来るでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:特許

このページの先頭へ