サムスンが抱える特許訴訟

サムスンは、日本の技術援助によって、今や世界有数のグローバル企業にまで成長し、韓国の目覚しい経済成長をリードする大企業です。
韓国の大手企業は、家電製品や携帯電話の端末によって多くの利益を出してきました。

しかしながら、数年前にこの韓国企業がグローバル企業として世界的に有名なアメリカ企業のスマートフォンのライセンスを侵害しているとして、世界中で特許訴訟が展開されています。

イギリスではすでに訴訟の判決が出ており、アメリカ企業のスマートフォンの優れたデザインと比べて韓国企業のデザインは劣っており、特許侵害には当たらない、という何とも皮肉なイギリスらしい判決が出されました。

韓国国内でも、この韓国企業によって特許訴訟が起こされましたが、韓国企業に有利な判決が出されています。
世界中が事の成り行きに注目をしているサムスン対アメリカ企業の訴訟ですが、ついに、アメリカのカリフォルニア州で判決が出されました。

アメリカのカリフォルニア州の連邦地裁において出された判決は、韓国企業側のスマートフォンが、アメリカ企業のコピーを行い、権利侵害を認めるというものでした。
その結果、韓国企業はアメリカの企業に対し、10億ドルにのぼる損害賠償を支払うことが決定したのです。

アメリカの連邦地裁で出されたこの判決は、アメリカの他の州で起こされている訴訟に加えて、日本やヨーロッパの各国で提起されている裁判の結果にも影響することが予想されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:特許

このページの先頭へ