特許戦略で企業の利益を守る方法

近年の技術革新は日進月歩であり、毎日世界中のどこかで新しい発明が行われています。
この発明を産業に利用するためには、特許としてしっかりと権利を守る必要があります。

特に新しい技術は、今までの製品に革命を起こすほどの影響がある場合もあることから、他の企業に発明を乱用されると、自社で長年研究した成果としての発明が自社に全く利益をもたらさないことになってしまいます。

このような事態を避けるために、特許戦略をしっかりと検討して、発明の完成前から特許出願の準備などを行う必要があるのです。
また、日本国内の特許出願によって日本国内での特許の権利化を行うだけではなく、外国に対しても同様の特許出願を行うことにより、世界中でしっかりと権利を守ることが出来ます。

この特許出願については、世界中のあらゆる国に対して一度に出願することは困難なため、とりあえず日本で特許出願を行い、関係条約締結国に対しては、先願の地位を確保出来る期間内に海外諸国への出願を行う方法が現実的です。

さらに特許出願においては、発明の核となる技術のみではなく、関連技術を含めた発明について出願を行うことが大切な戦略となります。

このように、発明に対して特許出願を行う場合でも、戦略的に特許権の取得を行うことが必要となるのです。
発明自体について訴訟に発展することもありますので、自社の発明は秘密裏に出願準備を進めて、実証などの試験は出願後に行うことも一つの特許戦略としては有効だと言えます。

市場が世界規模に拡大した現在では、世界各国での特許権の確保が発明の価値を決めることになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:特許

このページの先頭へ