特許翻訳は英語力だけでなく法律知識や技術分野などの教養を同時に必要とします

特許翻訳とは、一般的に特許明細書の翻訳の事を指し、英語力だけでなく法律知識や技術分野などの教養を同時に必要とします。特許明細書は発明・技術の内容が掛かれた技術文書でありながら、発明の権利範囲を決定する為の法律文書でもあるので、意訳せずに原文に忠実に翻訳する能力が肝心です。

とは言え、一般の技術文に比べて修飾が多く、複雑な構文が多用されています。
複雑な修飾関係を誤りなく理解し、分かりやすく表現する力が必要です。

日本において特許翻訳の需要が高いのは、日本語の仕様書などの細かな書類を英語に翻訳するという和文英訳の内外案件で、日本では国内の特許法だけでなく、海外の特許法の知識まで必要とされており、英語が堪能ならばこの仕事に就けるという訳ではありません。技術分野や海外の特許法など、様々なバックグランドの知識が求められます。

また、特許明細書の翻訳は、英語だけでなく中国語の翻訳を求められる場合もあり、翻訳者も仕事量も多くはないので、こなさなければならない分野は多岐に渡っています。
加えて、日本語での専門辞書は皆無に等しい為、英語の専門辞書を仲介しなければならず、なかなか苦労の多い職業でもあります。

しかしながら、有能な翻訳者は必要とされているので、在宅でフレックスな就業形態が許されるのは魅力の一つでしょう。
外国語を高度に使いこなし、さらに特許関連の知識も豊富な人は、こうした道を目指してはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:特許

このページの先頭へ