特許の登録要件の中の手続き的要件に当たる、特許明細書記載要件の重要性について説明します

特許の登録要件の中の手続き的要件に当たる、特許明細書記載要件はなぜ重要と言われるのでしょうか。その理由は、特許明細書は特許の出願をした発明にかかる特許請求の範囲や明細書で、図面等は登録の為の審査対象となるばかりでなく、特許として登録された後は該当の特許権の権利範囲を示す権利書としての役割を果たすからです。

明細書がこの様な重要な機能を持つ事から、特許法では明細書について一定の要件を満たしていない場合は特許の取得はできないと定めています。
明細書記載要件の主な内容ですが、「サポート要件」「発明の明確性の要件」「実施可能要件」があり、特に「発明の明確性の要件」は非常に重要視されています。

というのも、特許請求の範囲の記載から特許を取得したい発明が明確に把握できないと特許要件の的確な判断が下せず、発明の技術範囲も理解できず、特許制度の運用に混乱が生じる恐れが出て来るからです。

特許の特徴である独占権の範囲が不明確だと、第三者はその発明の具体的な物や方法が特許発明の範囲に入るか入らないか分からないので困りますし、権利者自身も紛争に巻き込まれる可能性が高くなります。

明細書の明確性の考え方ですが、誤字や脱字など不明確な書き方や不適切な表現があると発明が不明確と判断されます。また、明細書や図面の記載において発明の詳細な説明の定義がなく、出願時の技術常識を考察しても意味や内容が理解できない場合も不明確とされます。出願の際はこれらの事項に注意して、特許明細書の作成を行いましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:特許

このページの先頭へ