大阪には数多くの特許事務所が存在し、特に中小企業やベンチャー企業を対象とした事務所が揃っています

近年のアジア諸国の追い上げや近隣諸国の知的財産略奪、国内企業間における技術開発競争の激化などで、大企業をはじめとしてベンチャー企業や中小企業など企業間を巡る環境は激変しています。その中でも、知的財産権の主軸となる特許や実用新案は、将来今まで以上に重要なものになっていくでしょう。

知的財産権の効力は企業の大きさに関係なく発揮されるものなので、優れた技術やアイディアは適切かつ正当に権利化して活かしていく事は経営者の務めでもあり、企業の成長と発展に欠かせません。大阪には数多くの特許事務所が存在し、特に中小企業やベンチャー企業を対象とした事務所が揃っています。

例えば、中央区備後町に所在する葛西特許事務所は、中小企業等の知的財産権を主に扱っており、権利の有効活用を通して会社の発展に貢献する事をモットーとしています。
企画・開発段階から権利の行使までの一連の流れを、経験豊富なベテラン弁護士が親身にサポートします。

料金はクライアントの事情に合わせて出世払いに期待した相談も行っており、良心的な事務所です。
北区梅田1丁目のIPM国際特許商標事務所は、知的財産権に関する業務を大阪・京都・神戸を中心に行っています。

知的財産経営が初めての関西の中小企業やベンチャー企業、個人事業者にも分かりやすく説明を行い、総合的にサポートしており安心できます。また、知的財産権を活かした経営戦略の立案や、経営層・知財担当者・研究開発者などに対して個別のセミナーや研修、実習を行い、優秀な知財人材の育成のサポート業務も取り扱っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:特許

このページの先頭へ