労働保険の加入は義務です。面倒な作業は代行しましょう。

あなたの会社は労働保険にきちんと加入していますか。
現在働いている方や、仕事を探している方、労働保険は事業主と労働者が入らなくてはならない制度です。
事業主は一人でも労働者を雇っていたら加入しなくてはなりませんし、手続きが面倒、費用がもったいない等の言い訳は通用しません。求職者の方で労働保険に未加入の会社に就職しますか。

いざという時に会社はあなたに何の保証もしてもらえない可能性があります。
未加入による罰則もあります。何より、万が一雇用している従業員が、働いている自分自身が労働災害にあった時に保険料が払われるし、その被災労働者の社会復帰その家族の援護など幅広くカバーしてくれます。

そんな大切な制度ですが、この作業が本業の仕事を削って手間になっていると感じているならば、代行という手段を取ってみると良いでしょう。商工会議所や社会保険労務士事務所などに任せると面倒はなくなります。
どちらも加入のメリットがありますが、後者の社会保険労務士事務所なら、社員からの質問に的確に答えるための回答なども相談して教えてもらえます。

また、労働基準監督署の対応などでも、あなたの会社を守るアドバイスを受けることが出来、これらの専門的なことを、すべて事業主だけで行うには難しく、そのためにかける時間を本業に費やすことが出来ます。
また、法律の改正があっても都度調べなおすこともなくなりますので、費用は掛かりますが、代行によるメリットの方が大きいので、この機会に委託を考えましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:労働保険

このページの先頭へ