労働保険料の計算をするエクセルシートは厚生労働省でも配布しています

雇用保険と労災保険の2つを労働保険と呼び、この労働保険料に関しては4月1日から3月31日の1年度を1つの単位で算出することになっています。
その額は全ての労働者の給与や賞与、各種手当といった賃金の総額に、その会社の事業ごとに定められた保険料率を乗じたものです。

労働保険では、年度ごとに概算で保険料を納付して、年度末の確定申告で清算する方式をとっており、前年度の確定保険料の納付・申告と新年度の概算保険料の納付・申告をしなければなりません。この期間は毎年6月1日から7月10日とされていて、これを労働保険の年度更新と呼びます。

厚生労働省のホームページでは、この年度更新を正確に行なってもらう為に「年度更新申告用計算支援ツール」と呼ばれるエクセルシートを提供しています。
このツールの特徴として、煩雑な計算が必要な保険料が容易に求められ、これを申告書に転記することが可能です。

また、申告書記載額の算出に利用する「確定保険料・一般拠出金算定基礎賃金集計表」の作成と少額な還付を不要とする場合、金額を翌年度に繰り越す計算も出来ます。
一部の事業では利用出来ないという点や、このエクセルシートを利用しても検算は必要とされるなど注意点もありますが、便利なツールであると言えます。

こういった労働保険料の計算に役立つエクセルシートが無料で配布されているので、細かな利用方法や注意点に関しては十分に把握した上で利用して、労働保険の年度更新の手続きに役立てましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:労働保険

このページの先頭へ