愛知県在住で、多重債務の問題を抱えている方は、債務整理の手続きを弁護士に依頼するのが最善の選択です

人口740万人以上の愛知県は、名古屋市や豊田市などのある、東京都、大阪府に次いで、全国第3位の経済規模です。
主要製造業の分野である、自動車、自動車部品、セラミック産業、航空機部品などの、4割以上を生産して、日本経済に大きな役割を果たしています。

しかし、昨今の世界的な不況や円高の影響で、このような輸出産業は大きなダメージを現在受けています。
それに伴い、従業員のリストラなども進み、失業から借金をしてしまうというケースも多いです。

しかし、さまざまな原因で、多重債務に陥ってしまった方を救済する公的機関があることを知ってもらいたいです。

まず一つ目は、県が運営している相談窓口で、中央県民生活プラザなど、市に常設している機関が数箇所もあります。
また、弁護士会が運営している、愛知県弁護士会、名古屋法律相談センターも初回無料で相談に応じています。

このような公的機関から、債務者に適切な弁護士を紹介してもらえ、そして、弁護士も無料で相談を受ける事務所も多く、債務者に適した債務整理の方法をアドバイスし、依頼があれば、債務者の力になってくれます。

債務整理とは、法律を用いて、現在ある借金を整理するための手続きのことで、この方法を用いることで、返済する借金の額が減ったりもするケースも少なくありません。
債務者に月々の返済能力があるのなら、任意整理という方法が有効です。

これは、債務者に依頼された弁護士が、裁判所を利用せずに、債権者と交渉をして、利息のカットや、毎月の返済額の圧縮をお願いする手続きで、返済額が大幅に減り、債務者の負担が軽減されます。
まずは、公的な機関に相談をするところから始めてみてはどうでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:債務整理

このページの先頭へ