債務整理は借金返済金額が減額されたり、払いすぎた金利が返済される場合もあります

借金が増えてしまい、返済が大変になっていませんか。
返しても返しても、借金がなくならない、多くの業者から借金がある多重債務になると、借金返済だけで月の収入がなくなってしまう人も多く見られます。
その状態になってしまったら、債務整理を考えましょう。

債務整理とは借金が多くなってしまい返済に困っている人たちのための法的な借金整理の方法です。
債務整理には、任意整理・個人再生・特定調停・自己破産の四つがあります。

このうち、任意整理とは、裁判所の力を借りることなく個人やその代理人と業者の間で、返済方法や金額について折衝するもので、良く話題になる過払い請求もここに含まれます。

これらの方法を行なうと、借金の返済金額が大幅に減額されたり借金が無くなったり、払いすぎた金利の返済を求める事が出来る場合があり、最終的な手段と思われがちな自己破産にまで至らなくても、債務の過剰状態を抜け出し、正常な生活を取り戻す事は可能なのです。

そのためには、まず弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談し、自分のケースの場合のベストの方法を探す事です。

今の自分の状況を専門家の客観的な視点によって明らかにすることがどうしても必要になります。
それが生活再建への第一歩になるのです。

どうにもならないと思っていた状況も、返済可能な金額と完済への見通しをたてることが出来れば、前向きに進む事が出来るようになります。
借金の金額や借入状況、個人の経済的な状況によって取るべき方法は違ってきますので、一日も早い専門家への相談が大切でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:債務整理

このページの先頭へ