弁護士に依頼した場合の債務整理中のメリット

多重債務の精神的な負担は、かなり大きいものです。

利息分を返済するのがやっとで元金はなかなか減らず結果的に借金が膨らむ人や、ある債権者に借金の返済をしないといけないため、違う金融機関で借金をしたお金でその債権者に返し、借入先が増えてしまった人、知り合いの連帯保証人になり借金を肩代わりしないといけなくなった人など様々なケースがあります。

多重債務に陥ったケースは人それぞれですが、借金を返済するために使う労力や精神的負担は、みなさん共通しています。
もしも、その悩みを一人で抱えているのだとしたら、それは最善の選択だとは決して言えません。

そういう時に解決のノウハウを持っている、法律の専門家である弁護士がいます。
弁護士はなんとなく敷居が高そうで、相談するのにお金がかかりそうでためらいがあると思っている方もいるかもしれませんが、それは大きな誤解です。
債務整理の相談を無料で行っている弁護士はたくさんいます。

そして、債務整理の手続きを依頼する場合にも、債務者の金銭的な問題を考慮して分割での支払いがOKだったり、最初に払う着手金が無料の事務所もあります。
多重債務ですべて返済する余裕がない場合、なぜ弁護士に依頼して債務整理をするのが得策かというと、まず、債務整理中は、債権者の取立てや督促が禁止になっていることです。

これによって、落ち着いて日常生活を送れるようになります。
また、任意整理という方法を行えるなら、弁護士が債権者に毎月の返済額や利息の減額を交渉してくれますし、債務者に過払金があったと分かった場合は、そのお金を取り戻せる場合もあります。

つまり、結果的に債務整理を行うことで、返済する借金の額が大幅に減るのです。
人生を立て直すためにも、弁護士に債務整理を依頼してみることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:債務整理

このページの先頭へ