債務整理の際には弁護士による法律事務所に相談しましょう

社会問題になっている多重債務などにより自分の返済能力を超えた借金を抱えてしまった場合には債務整理を行うことが有効ですが、この手段には大きく3種類あります。

まずは、裁判所を通さずに個別に債権者と交渉して、利息制限法による利息で引き直し計算をした過払い分などの債務の圧縮や将来の利息のカット、月々の支払い額の見直しなどを図るものが任意整理です。

次に個人民事再生は、裁判所に申し立てることにより任意整理以上の債務の圧縮を図ることが出来る手段で、特徴として、住宅ローンの圧縮が出来ない代わりに住宅ローンだけを残しての手続きが可能で、マイホームを維持することが出来ます。

そして、収入が無く完全に返済能力が無い場合には、裁判所に申立てて一定額以上の財産を処分することを条件に免責許可が出ることで、借金全額に対して返済義務の免除が得られるのが自己破産です。
債務整理の手続きをする場合に相談・依頼するなら弁護士が良いでしょう。

それは、司法書士に依頼をする場合、140万円を超える案件については和解書の作成が出来ないことや、場合によっては代理業務も行えない制約があるからです。
弁護士の事務所であることがすぐに分かるのは法律事務所という名称で、弁護士以外は法律事務所を名乗ることが出来ません。

最近はインターネット上などに法律事務所に似た名称であったり、消費者団体などを装ったりして、債務整理の相談を受け付けている一部の悪徳業者がいます。
こういう点に十分に注意をして、信頼の出来る弁護士に相談しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:債務整理

このページの先頭へ