債務整理で借金返済を見直し利息の過払いを発見されるケースも少なくありません

債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産といったいくつかの種類が存在します。
借金での悩みは、全ての借金を0にしたいと思う人や、返済金の減額を希望し出来れば完済したいと考える人、マイホームは手放したくないなど、それぞれの事情や考え方があります。

例えば、自己破産は借金の全てを帳消しに出来ますが、財産の処分を行わなければいけません。借金の金額や借入件数が比較的少なく、毎月の返済額を減らしたいと思うならば任意整理が向いています。車や家を手放すのが嫌だというケースでは、支払いのプランを見直す民事再生を選ぶと良いでしょう。

その状況や考えに合ったそれぞれに適した債務整理の方法を行うには、まず債務整理の内容の理解を深め、どの方法が自分にとって最適な解決法なのかを検討する事が必要です。また、これまでの借金返済を見直した時に、お金を払い過ぎているケースも頻繁に見られます。

その場合は、利息制限法に基づいて、これまで支払われた利息から本来支払うべき正しい利息金額を差し引いた額を返して貰う事ができ、これを過払い金と言います。
この払い過ぎているお金は元金の返済に使われるべきだとして、借金が大幅に減額されるケースも数多く報告されています。

また、利息だけでなく返還請求の為に依頼した弁護士費用や、借金問題で受けた精神的苦痛の慰謝料まで請求した例も存在します。
過払い金の返還は債務者に取って非常にメリットが大きいので、諦めずに専門家に相談する事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:債務整理

このページの先頭へ