債務整理を行うには、専門性等により困難な場合もあるので、クレジット会社と相談することをお勧めします

現在クレジットカードは、各社が提携カードを出しています。
ビデオのレンタルやコンビニエンスストア、電車の利用など様々な場面でクレジットカードを利用することでポイントがたまるなどの優遇により、多くのカードを持っている人もいます。

また、ネットショップでは、銀行振込や代引きに比べると非常に便利に買い物をすることができます。
一方でクレジットカードは後払いの仕組みのため、手元のお金が無くても物を購入したり、お金を借りられます。

しかし、使用した金額は後で払うこととなり、返済計画を超えた購入をすることは大変問題です。例えば、一つのクレジットカードが利用限度額を超えたとしても複数枚持っていれば他のカードで買い物をすることができ、気付いたら債務が膨れ上がって返済が滞る場合があります。

また、支払方法をリボ払いに選択することで、毎月の返済額が少額であっても実際に返済しなければならない額が大きく膨れ上がり、支払いの利息も含めると大変な負担になっていることがあります。そのまま放置しておくと利息ばかりを支払うこととなり、返済額が減らないケースもよく見られます。

そこで、債務を整理して一つにまとめたり、クレジット会社と相談して返済を検討するという事も重要になってきます。
個人で債務整理を行うには専門性などにより困難な場合があるため、最寄りの弁護士や少額の場合は司法書士も対応することができますので相談すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:債務整理

このページの先頭へ