就業規則セミナーで学ぶ、就業規則の大切さ

就業規則とは、一定の人数を超えた雇用を抱えている会社・雇用者に対して、法で定められている規則です。法で定められている人数以上を雇用している場合は、就業規則を作成しておかなければなりません。

そもそも、なぜ就業規則が必要なのか、どんな雇用者に対して適用され、どのタイプの雇用者が規則外にあてはまるのかを、正しく知る場として役立つものに、就業規則セミナーというものがあります。就業規則セミナーの内容によっては、一通り教えてもらえる場合もあるので、作成から提出まで完了させることも不可能ではありません。

面倒な作業であると受け取られがちの規則ですが、根本的な部分を見れば、雇用者だけでなく、雇用者を抱える立場にとっても、大切な規則であることがわかります。
互いの関係を良好に保つ上でも、決まりをきちんと作り上げておくということは、非常に有効的な対策になります。

雇用者を抱える側を縛るためのものではなく、雇う側や会社を守りながら、雇用者も守る役割を担っているのが、就業規則なのです。
就業規則セミナーに参加すれば、根本的な部分の理解も深まるので、雇う立場や人事・管理職の立場にいるなら、常識的な知識を得るためにも参加して損はないです。

規則の基本的な作成方法や、関連する法、シーンごとの対処方法など、すぐに使える実用的なことも学べます。
時期は未定であっても、これから起業・独立することを具体的に考えている、雇う前の段階にいる方にもおすすめのセミナーです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:就業規則

このページの先頭へ